So-net無料ブログ作成
世の中のこと ブログトップ
前の5件 | -

あの日から1年 [世の中のこと]

東日本大震災(私の中では「東北関東大震災」なのだけど)から1年立ちました。

自分は東京で仕事中に地震に遭い、帰宅困難者になりほぼ徒歩で帰宅した組です。
あの日はありえない事態が起きた事の実感がなく、実感はないものの揺れの恐怖、それからニュースで見た東北の映像に心底胸を痛め、それから精神的に低空飛行な日々を過ごしました(今もかも)。
でもその後は節電に気をつけながら冬と夏を過ごしたくらいで日常は少しずつ戻り、今日を迎えました。

あの日を境に変わったという人の話をあちらこちらで見聞きし、私は何もかわらないなぁと思ったのですが本当にそうか?と思い返してみました。
思い返してみれば、こんな気づきや経験がありました。

1)あの日から、人間のイヤな部分をたくさん見ている。
 でも人間の本来の部分なのよね、という事も納得。自分が安心するために他人を叩くのも自然な心理。

2)誰かを応援するためにお金を出そうという気持ちに初めてなった。
 募金の話ではなく、ジャーナリズム方面ですね。
 ここまで良い活動をしてくれるんだからもっとがんばって欲しいという意味で。

・NHK http://www.nhk.or.jp/
 (いや、受信料は前から払っていますが、払っている事に納得できました。
  この1年は本当に良い仕事をしてくれたと思います。民放のお涙頂戴特番なんて見る気がしない)
・ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/
 (震災直後からのテレビ中継、Ustreamもですがあっぱれでした。
  報道部の働きもすばらしいと思いついにプレミアム会員になりましたw)
・津田大介さん https://twitter.com/#!/tsuda
 (震災直後から自分に出来る事を探して行動してくれた事、冷静な姿勢、
  本当にすごいです。津田さんの有料メルマガを創刊時から取り始めました)

3)単なる募金以外の支援を知る。
 ふんばろう東日本 http://fumbaro.org/
 ここは凄いです。赤十字に募金する事が不安(いつ被災者にお金が渡るのかわからないという意味で)な人は是非見てください。直接被災者の手助けをできる方法を作ってくれました。
 私もアマゾンのウィッシュリストを使った支援と、冬物家電プロジェクトに参加しました。
 ※今は物による支援は落ち着いてきていて、次の段階への切り替えをしていくつもりのようです。

4)原子力発電・放射線の基礎の基礎の基礎知識が身に付いた
 これはTwitterがあって本当によかった。自分が物理の先生をフォローする日がくるなんて夢にも思いませんでしたが…わからないままが一番怖いですよね。わからないまま怖いよりわかってて怖い方が人間意外に落ち着くものだと言う事がよくわかりました。

こんなモンですね…あとは価値観が他人と合わないのは当然だ、という今更な事を痛感・納得した事ですかね…。やっぱり大きな変化はない…??

私個人の話はこの程度のものですが、震災復興はこれから10年単位で見て行かなければいけないことです。他人事と思わず(本当に今回はたまたま東京はあの程度で済んだと思っています)ずっと見守って行きたいと思います。

最後に、震災の犠牲者・被災者の皆さんの平安を心よりお祈り致します。

食品放射線測定について、私の頭でわかる範囲で [世の中のこと]

(半分自分用のまとめなので、ちょっと固いし長いです。ある程度話がわかる人はリンクのURLだけ見てもらえればと)

あさイチの食卓まるごと調査、あれはテレビ番組としては良い企画だったと思う。

食品市場が食材それぞれの放射線量の測定を進めるなか、東大の早野先生は9月頃から子供の給食1食分をまるごとミキサーにかけて、その放射線量を継続的に調べて行くべきだ、という主張をしており、自治体としては横須賀市などが独自調査を開始している。

・早野先生の給食ミキサー検査についてのツイートまとめ
「早野先生の提言:実際に出た給食1食分を測ろう!」
http://togetter.com/li/186489

・横須賀市:学校給食提供食の放射線量の測定結果(PDF)
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8330/kyuushoku/documents/teikyo.pdf

あさイチの調査はこの早野先生の提言を取り入れたと思われる。早野先生のツイッターでも1度あさイチのスタッフと話をしたというツイートがあった(10月17日)。しかしあさイチの測定は早野先生が指導したものではないようだ。

そもそも早野先生が測定を提唱しているのは、予め安全な食材を探すためではない。実際に食べてしまった物の中にどれだけの通常以上の放射線物質があり、それを細かく記録・積算して行く事で将来への影響を小さくしていこうという主旨が強いと思う。だからこその「学校給食」の測定なのだろう。
そういう意味では「安心」が欲しい人にとっては不満のある測定だが、今の東日本で「原発事故前と同じくらい」なんて無いのかもしれないと考えた方がより前向きではないかなと私は思う。
------------------------

話が少し飛ぶが「放射線を測定する」というのはすごく難しいらしい。
まず放射線は文字通り放射状に「飛ぶ」。先日ニコ生でやった「緊急報告 これが福島の放射能汚染の実態だ!福島放射線マップ大公開」という番組で放射線の動きを計算して動画で再現したものがあった。「放射線」のイメージがしやすくなると思う。
・地面に均一に放射性物質があった場合
http://twitpic.com/775wix
・ホットスポットの場合
http://twitpic.com/775x6z

で、実際に放射線を測定する時はどんな機器を使ってどんな風にはかり、測定結果をどう解読するのか、早野先生がスライド資料を作ってくれている(10/21ニコ生『緊急報告!アナタの食べ物は大丈夫?〜放射線による食品汚染の実態に迫る』で早野先生が使用)
スライドのみになってしまうが時間のある人はじっくり読んでほしい。
http://www.slideshare.net/RyuHayano/nicohou

機器の種類によって向き不向きがある、測定時に注意しなければいけない事(空気中・地表の通常からあるバックグラウンドなど)があるということがわかる。あと、どうしてもイメージ的に測定器に入れたら「ピッ!」とすぐに計れると思いがちだが、これが違うのだ。時間をかけないと測定はできない。時間は長ければ長いほど正確に計れる。でも一つのものに時間をかけると他が計れない、ということになる。これだけはどうにもならないらしい。

早野先生のスライド、11ページ目辺りからガンマ線のスペクトルの話になっている。スペクトルを見る事のできる機器は放射線の種類まで見る事ができる…が出て来たスペクトルから引き算をして量を推定する…という作業になるのでこれが素人にはムリ!な感じ。専門家でも誤検出をしている事が多々あるもよう(3.11以降はそれまで放射線測定を扱っていなかった測定業者が、放射線測定業務を始めて誤検出しまくり…という事件が…)、それから機器のソフトに左右される場合もあったり、測定機器メーカーがちゃんとした日本語の取説をつけていなかったりとかなり大変そうなのだ。

だから、食品に限らずなのだけど放射線の測定結果を見る時には、一歩引いた姿勢で見た方がいいと思う。
測定機関はどこか、機器は何か、どのくらいの量をどのくらいの時間をかけて計ったのかくらいは注意した方がいいかもしれないし、変に大きい値が突然出たときは、再測定が必要かもしれない、くらいに思った方がいいのかなと思う。

---------------------------------
で、話が戻って今朝のあさイチの測定結果の訂正とお詫びの件。
機器設定の誤りとのことなので、そもそもは測定機関(測定したのはNHKではない)のミスだということを理解すること、それから放射線測定ではこういうミスがあり得るのだということを理解・受容する事が大事だと思う。でないと今後、自分の神経がすり減ってしまう気がする。

NDを「0」と書いてしまうなんて最初の頃はみんなやっちゃってたし…(自治体の水道水の測定結果とか。まぁNHKは今頃…というのはあるけど)

あと情報に最初からバイアスをかけない事かな。「NHKだから」「御用学者と言われてる先生だから」で大事な情報を取りこぼしてるとしたら本当にもったいない、というか最終的に不利益を被るのは自分なんだから。

あっちの意見もこっちの意見も聞いてみる。最終的には自分で判断する、自分の判断に責任を持つ。今はそういう時期なんじゃないだろうか。

通称・テキサス親父「反イルカ猟・動物愛護運動をテキサス風に料理 」 [世の中のこと]

Youtubeでは前から話題になってたんですが、
ニュースで「??」と思った人達を切りまくるアメリカのおじーちゃんの動画です。
※ニコニコ動画にあがった字幕版。
正直、言葉遣いは綺麗なほうではないんだと思いますが、
ひさびさに時事ネタをバサバサ切るコメディアンに会ったような感覚(笑)
もちろん、彼は専門家ではないので時々勘違いの発言もありますが、そこはご愛嬌〜。


[派遣切り問題]手取り25万で貯金ないってどういうことだ [世の中のこと]

書こうか書くまいか迷っていたけど、書きます。
ちょっと我慢ならん。
最近の派遣解雇問題について。
中規模派遣会社に登録し、そこからお仕事をもらっている事務系派遣社員として書かせていただきます。

続きを読む


明日からIWC(国際捕鯨委員会)の年次会議が始まります☆ [世の中のこと]

グリーンピースネタを書いたのでこっちも書いておこうと思います。

明日から、IWC(国際捕鯨委員会)の年次会議が始まります。
今年の開催地はチリ共和国・首都サンティアゴだそうです。
チリってどこだ?(→ここ
6日間に渡って捕鯨に関する様々なことが話し合われます(1日は運営に関してだけど…)

生中継で会議の様子が見られるサイトがあるので、興味のある方は是非どうぞ☆
http://www.e-kujira.or.jp/iwc/iwcmeeting.html

会議の流れとしては、どこかの国が何かのテーマに関する決議案を提出し、
それに関するディスカッションの後、決議を取る、という感じになります。

内容もおもしろいですが、議長がキャラが立っている人だったり、時々ハプニングが起きたり、
何より国際会議では大人しいと思われがちな日本がこの会議では先陣を切るという、
なかなか珍しい(なんて言っちゃ失礼ですね…日本代表の皆さんがんばってます)光景が見られたり、
見て損はないんじゃないかなと思います。ずっと張り付いて見るのは不可能ですが…。
#誰かあとでまとめて動画サイトにあ(略
前の5件 | - 世の中のこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。